和食のお供にだしつゆを活用して日本食を楽しむ

rice

日本人の身体にあった食事

和食を食べていますか?最近はグローバルな食事が簡単に楽しめるようになってきました。パスタや中華、お肉が中心の食生活など、食の欧米化も進んでいます。ご飯とみそ汁といった和食を食べる機会が少なくなっているという人も多いのではないでしょうか。

和食は日本食ともいいますよね。日本食は主に日本で摂れたもので作られる食事です。そのため、日本人の身体に合っている食事になっています。人の身体は食べたものや環境によってその体質やつくりが変わってきます。身体の違いは、表面的な違いだけではなく身体の中の作りや持っている酵素など中身にも違いを生んでいます。

日本人の身体はこれまで和食を食べ続けることで、今の形をつくってきました。欧米人に比べて長い腸だったり、持っている乳酸菌の種類や分解できる栄養にも違いがあります。日本人は日本食を食べながら栄養を吸収しやすい身体にしてきたのです。そんな日本食を支えているのは、出汁になります。

和食を作る時にだしはかかせないものになっています。最近は、だしを素材から摂らなくてもだしつゆを使って簡単に準備出来るので和食を作ることの手間も少なくなりました。だしつゆを使うことで、料理の時間短縮にもなってきます。

特に一人暮らしをしている時にはだしつゆが便利です。味噌汁を1杯分だけ作りたい時や、簡単にそばやうどんなどで食事を済ませたいときでもだしつゆが活躍してくれます。だしつゆの種類によって味付けを変えることができたり。だしつゆの種類も昆布からの出汁、かつおからの出汁、ゆずやポン酢が一緒になった出汁など様々楽しめるようになっています。

和食には欠かせないあごだしをこちらのサイトから購入いただけるんです。色んな物に使えるだしはいくつあっても困らないですよ。ぜひこちらの絶品のだしで美味しい料理を作ってみましょう。

WHAT'S NEW